Feed

2019年6月28日 (金)

本好きの下克上

香月美夜の「本好きの下克上」最新刊。

190628honzuki

昨年から図書館の新刊案内に、度々記載されている

「本好きの下克上」シリーズ。

物語は、図書館司書になる予定だった本好きの麗乃が地震で死んでしまい、

転生したのが、時代はヨーロッパの中世のような異世界。

紙さえも無い世界で、サブタイトルにあるように

「司書になるためには手段を選んでいられません」とばかり、

前世の記憶をもとに、平民の身分で紙作りから始め、本の出版を

目指し、身分も成り上がっていく下克上っぷりが堪りません。

発行は2014年頃からでしょうか、第一部兵士の娘1~3、

第二部神殿の巫女見習い1~4、第三部領主の養女1~5、

第四部貴族院の自称図書委員1~7。

図書館で第一部の兵士の娘を借りた時、表紙を見てびっくり!

ライトノベルだったんだ!でも、面白い!

なんと、今ではジュニア文庫化、漫画化、さらにこれからテレビアニメ化と、

大ヒットしているようです。

前回アップした「十二国記」を原点とした本だな~と、

感じました。

2019年6月26日 (水)

十二国記

本屋で見かけ、興味を持ったので読んでみました。

190626jyuuni

作者:小野不由美の「十二国記」シリーズの一冊目、

「月の影 影の海」1992年出版。

古くから出版されているのに、あまり目に留まらなかったのは、

年少読者向けの叢書として刊行されていたからかな?

年少読者には圧倒的好評でも、大人の読者が読むとちょっと?

という作品もあるけれど、これは骨太です。

『現在、隆盛を極めるライトノベルには、異世界に飛び込む主人公の

物語がとても多いけど、それらに影響を与えた原点であり、

その頂点に君臨し続けるのが「十二国記」』という書評に惹かれて

読んでみました。

2019年4月27日 (土)

pen 泣ける絵本

家内が書店で見つけ購入。

190427pen

雑誌penの、「泣ける絵本」。

30年前からのよく知っているロングセラーから、

近年の美しい絵本がたくさん載っていて、

家内は楽しんで読んでいるようです。

ブックカフェの紹介もあり、中でも東京の神保町にある店は、

平日は23時まで営業し、店内のバーではビールやカクテルも

提供しているそうです。

大人の時間が過ごせそうな店で、気になります。

2019年4月 1日 (月)

pen

penの4月1日号、表紙を見て即購入。

今号は、1919年にドイツのヴァイマールに創設された

芸術・工芸・建築の学校、バウハウス創設100周年の特集です。

190401pen

無二の芸術・デザイン学校が誕生した背景など、バウハウスを知ることができます。

その中には、ドイツ時計の逸品として、ユンハンス、ストーヴァ、ドゥッファの

3つの時計メーカーが載っていますが、個人的には、1992年創業の

新興メーカーながら、最もバウハウス的デザインだと思っているのが、

本の上に置いてあるノモスです。

他にも、新作時計の発表会である、スイスの2019年ジュネーブサロンの

時計記事が面白いです。

2019年1月11日 (金)

ビッグイシュー日本版VOL.349

久しぶりに、「ボブという名のストリートキャット」の

ボブが表紙のビッグイシューが発行されたようです。

友人が手に入れ、送ってくれました。

190111bob

暖かそうなマフラーをした、冬仕様の可愛いボブです。

「ボブから学んだ5つの人生哲学」という記事が載っていました。

2018年12月22日 (土)

NYとワシントンの・・・・

「NY(ニューヨーク)とワシントンのアメリカ人が

クスリと笑う日本人の洋服と仕草」という長い題名の服装の本です。

興味深く読みました。

181222youfuku

明治時代に文明開化とともに日本に導入された洋服。

その洋服の着こなしやルールをきちんと理解してないために、

外国の人から見ればおかしな着こなしをしている日本人が、

現代になっても一般人、政治家にかかわらず、多いようです。

それは、私たちから見れば、おかしな着方をしている

和服の外国の人を見ているようなものかもしれません。

改めて、世界常識に基づく洋服の着こなしや仕草の勉強になりました。

2018年11月 4日 (日)

「ゴンちゃん、またね」

ビートたけしさんの最新書下ろし小説です。

181104gon

主人公の関口則之は練馬に住む作家志望の男で、数年前に両親を亡くし、

実家で一人暮らし。そこそこ名の知れた出版社に勤めている友人から

紹介された、テープ起こしの仕事で食いつないでいます。

その則之が飼っている柴犬が、ゴンちゃん。

そのゴンちゃんが飼い始めて一年ほどの散歩中に、いなくなります。

その日から手を尽くし一日中、ゴンちゃんを探し回ります。

一年たったある日、則之はゴンちゃんと再開できますが・・・・・・・。

2018年10月23日 (火)

銀河食堂の夜

シンガーソングライターの、さだまさし氏の新刊。

181023ginga

下町の人情のまだ残る、東京は葛飾の四つ木銀座に忽然と現れた居酒屋、

「銀河食堂」。

その店に、夜な夜な集まる常連たちが語り合うお話です。

ほろりとした人情噺や、意外な結末を迎える6つの話を、

さだ氏が軽妙なタッチで描いています。

2018年10月11日 (木)

「はぴはぴ くるねこ1・2」

ある猫ブログが「くるねこ大和」という本になり、20巻まで出版されました。

そして、この度タイトルをリニューアルして出版されたのが、

この「はぴはぴ くるねこ」の1と2です。

181011kuruneko

この作者は、保護猫や里親募集しても引き取り手がなかった猫など、

沢山の猫と暮らしており、その日常がユーモラスに描かれています。

先日、3巻目も出版されました。

2018年10月 7日 (日)

「THE RAKE」

知人が、お洒落なファッション誌のチラシを送ってくれました。

181007rake1

世界一ハイクオリティなメンズ誌を謳う、「THE RAKE」です。

181007rake2

その24号の抜粋の一部がこれ。

ビジネスを大きく動かし、世界中のだれもが憧れる権力を欲しいままにした、

イタリア(フィアットグループ)の伝説的経営者、ジャンニ・アニエリ。

「RAKES OF RIVIERA」(リヴィエラの道楽者)と呼ばれた

アニエリが、道楽者(RAKE)という雑誌の名前の由来になったそうです。

181007rake3

この六分割の写真には、3人の男が写っています。下段左は、

フェラーリF1チーム監督であり、アニエリ亡き後はフィアットグループを

率いた、ルカ・ディ・モンテゼーモロ。

下段中央が、もちろんジャンニ・アニエリ。

下段右が、フィアットを復活させたアニエリの孫のラポ・エルカーンです。

3人とも、流行に左右されることのない時代を超えた、

本物のファッションスタイルの持ち主として有名です。

実にカッコいいですね。

Powered by Six Apart