グルメ Feed

2021年1月 9日 (土)

エル・マドロン

珍しいお菓子をいただきました。

210109madlon

エル・マドロンのミルフィユ・ショコラ。

何層にも織り込んだパイ生地に、2種類のチョコレートと

2種類のナッツクリームをサンドしてあります。

組み合わせは、スイートチョコにアーモンドクリームをサンドしたものと、

ミルクチョコにヘーゼルナッツクリームをサンドしたもの。

サクサクした軽い食感です。

2021年1月 3日 (日)

幸福餅

「幸福餅」をいただきました。

お菓子の中におみくじが入った、フォーチュンクッキーですね。

210103fortune

今年最初の運試しに、一ついただきまーす。

2020年12月29日 (火)

ポテトチップス

期間限定のポテトチップスを発見。

201229calbee

カルビーのポテトチップス、期間限定「伊勢海老」です。

パッケージからして豪華な雰囲気を醸し出しています。

確かに口の中に伊勢海老の香りが広がります。

2020年12月27日 (日)

はやとうり

珍しい食材をいただきました。

201227hayato

これは洋ナシ型の「うり」です。

もともとメキシコや中米が原産で、日本には1917年に鹿児島に

導入して栽培がスタートしたそうです。それで「薩摩隼人」に因み

「はやとうり」と名付けられました。

ぱりっとした歯ごたえと、くせのない味なので生のままサラダや

漬物にするほか、炒め物や煮物に使えるそうです。

2020年12月15日 (火)

洋酒たっぷりのケーキ

友人が送ってくれた日経新聞の記事に、なんと!!

201215maron

「洋酒たっぷりのケーキで聖夜を」というタイトルで、

洋酒をふんだんに使ったケーキを専門家が選んだ

ランキングが載っていました。

その1位が、広島県福山市のケーキ屋さんの「マロンドール」。

4位のオークラ東京をはじめ、日本各地から10位までが

選ばれていました。

そして10位には、広島県府中市の「くにひろ屋」がランクイン。

備後地方から2店も選ばれていました。

2020年12月 7日 (月)

パティスリー・レ・モワノー

京都の「パティスリー・レ・モワノー」のスイーツをいただきました。

パティシエは勝本真理さんで、師匠は65歳で一旦「オ・グルニエ・ドール」

を終えた、あの有名な西原金蔵さんです。

201207moineaux

マドレーヌとクッキー、美味しくいただきました。

なお、「オ・グルニエ・ドール」の跡地では、金蔵さんの

息子さんが新たなパティスリーをオープンしています。

金蔵さん自身も、土日限定営業のパティスリーを

昨年オープンしているそうです。

やっぱり京都はグルメですね。

2020年11月29日 (日)

白ばら・ローズサブレ

福山・白ばらのローズサブレをいただきました。

201129sirobara

”幻のバター”と称される「カルピスバター」を使用した、

白ばらの焼き菓子NO.1商品だそうです。

サクサク感が香ばしいサブレでした。

2020年11月21日 (土)

東京ばな奈・ブリュレタルト

8月から販売されている、東京ばな奈・ブリュレタルトを

いただきました。

201121tokyo

パッケージの写真のように、バナナ型チョコタルトに

バナナカスタード風味のクリームと、ほろ苦いカラメルソースが

入っています。

パリッと、トロッとした食感だそうです。

2020年11月17日 (火)

いぶりがっこ

東北旅行のお土産をいただきました。

秋田名物「いぶりがっこ」です。

201117iburi

この「いぶりがっこ」は、ナラ、桜、ケヤキなどの広葉樹で燻し、

米ぬかと塩で漬け込んだものです。

酒のお供、お茶漬けはもちろん、チーズともよく合うので

ワインのおつまみにもなるそうです。

2020年11月13日 (金)

りんご乙女

Go To トラベルで旅行した方から、りんごのお菓子をいただきました。

201113ringo1

長野県のお菓子、「りんご乙女」です。

201113ringo2

パッケージの裏側に、お菓子の製造過程が載っています。

リンゴをすりおろした生地の上にスライスしたリンゴを載せ、

焼き上げたリンゴせんべいです。

Powered by Six Apart