お酒 Feed

2021年11月26日 (金)

ボージョレーヌーボー2021

今年もヌーボー解禁日にいただきました。

211126nouveau

最近のニュースでは、ピーク時に比べると日本への輸入量が落ち着いたとか、

ヌーボーのお祭り騒ぎは日本だけとか聞いても、やはり頂いてうれしいものです。

そして、毎年飲んで慣れてきたのもありますが、毎年それなりに

美味しいワインに仕上がっているような気がします。

2021年11月24日 (水)

ラ・トゥーラ モンテプルチアーノ

ラベルを見て、モンテプルチアーノ・ダブルッツオだったのと、

裏側ラベルにオーガニックマークが付いていたので買ってみました。

211124narura

イタリア中部、アブルッツオ州のラ・ナトゥーラという

生産者の、辛口の赤です。

アルコール度数はやや高めの13%で、しっかりした飲み口でした。

2021年10月21日 (木)

パラ・ヒメネス オーガニック

ブレーメンの音楽隊だったラベルが、ブドウの葉っぱに変わった

らしい、スペインのオーガニックワイン、パラ・ヒメネス。

211021la_mancha

これは、カベルネ・ソーヴィニョン、フルボディのオーガニックワインです。

ビオディナミ認証だけでなく、一般的にワインの製造過程で用いられる

清澄剤(せいちょうざい)として卵白を使用せず、植物性たんぱくを使用した

ヴィーガン・ワインでもあるそうです。

家族経営の、100%自然なワイン造りをしているそうです。

2021年8月23日 (月)

コート・デュ・ローヌ カルト・ロマン 2010

16世紀から、フランスのコート・デュ・ローヌの中心でワイン造りを

行う、「ドメーヌ・マズール」の熟成ワインです。

210823mazurd

この生産者はワインが熟成、飲み頃にならないと販売しない

ことで有名だそうです。

10年以上熟成させて、今が飲み頃のワインなので、期待してます。

2021年8月21日 (土)

フラテッリ・コスモ

イタリア・ヴェツィアの北約60kmにある、ベッレンダ社の

スプマンテです。

210821fratelli

アルコール度数11.5%のやや辛口なので、飲みやすそうです。

愛らしいラベルは、オーストラリアの女性デザイナーに

よるものだそうです。

2021年6月14日 (月)

「ピケット・フェンス」2014

カリフォルニアワインに初挑戦です。

210614picket

女性醸造家が、カリフォルニア州ソノマで生産するピノノワールです。

冷涼な気候に恵まれるソノマは、繊細な味わいのワインが多いとか。

無駄な甘さも一切なく、ブルゴーニュにこだわる人でも飲めるワイン

らしいので、楽しみです。

2014年物だし、滑らかな味わいでは?

2021年5月31日 (月)

センシィ キャンティ

イタリアワイン、DOCGキャンティです。

ラベルとDOCGに惹かれて購入しました。

210531chianti

トスカーナ州・センシィ社のミディアムボディワインで、

アルコール度数は13度。

センシィ社は、スーパートスカーナなどの高級ワインも手掛ける、

有名な中堅ワイナリーだそうです。

2021年4月25日 (日)

モンテプルチアーノダブルッツオ

モンテプルチアーノダブルッツオのワインを見かけ、確か

美味しいワインだと聞いた記憶があり購入。

210425torre

イタリア中部、アブルッツオ州で生産される手ごろで美味しいワインです。

モンテプルチアーノ種というブドウを使用した赤ワインで、等級はDOC。

アルコール分13.5%、しっかりした味わいのワインでした。

2021年4月15日 (木)

リオーネ・ディ・ドージ

イタリア南部、プーリアの赤ワイン。

210415dogi

木樽熟成のミディアムボディなので、少し厚みのある味ながら

スムーズな口当たりです。

このワインも、昨年暮れにダースセットで買った中の一本ですが、

あのセットはスパークリング、赤、白、どれも美味しく飲めました。

2021年4月13日 (火)

フォンタマラ カベルネ・ソーヴィニヨン

イタリア・ローマの東のアブルッツオ州のワイン。

210413fontamara

同じ銘柄の白ワインは口当たりの良い辛口でしたが、

このミディアムボディの赤ワインは、程よい渋みです。

カベルネ・ソーヴィニョン100%。

Powered by Six Apart