お酒 Feed

2023年1月14日 (土)

「ジャックダニエル・ブラックラベル」おまけ付き

このところ懐かしさと、もちろん美味しいので愛飲している

「ジャックダニエル・ブラックラベル」。

おまけ付きを見つけ、思わず買ってしまいました。

230114jack_2

「ジャックダニエル・ブラックラベル」のラベル柄のTシャツ付です。

なかなか渋い柄で気に入りました。

春になり、温かくなったら着ようと思っています。

2022年12月12日 (月)

ジャックダニエル・ブラックラベル

大学時代、憧れだったバーボン「ジャックダニエル・ブラックラベル」。

サントリーオールドのボトルキープが5.000円の時代に、

「ジャックダニエル・ブラックラベル」は10.000円で、憧れでした。

そのジャックダニエルが手頃に飲める時代になりました。

221212jack

最初にバーボンと書きましたが、実はこのアメリカンウィスキーは、

バーボンの故郷ケンタッキー州ではなくテネシー州で作られているので、

バーボンとは別格にランクされるテネシーウィスキーと名乗っています。

蒸留したウィスキーを木樽に詰めた楓の木炭で、一滴、一滴、濾過する

製法なので、まろやかで柔らかい味わいになります。

しばらく、このテネシーウィスキーの炭酸割を楽しむことになりそうです。

2022年12月10日 (土)

IWハーパー・ゴールドメダル

20代の一時期よく飲んでいたバーボン「IWハーパー・ゴールドメダル」。

221210harper

ラベルの5個のゴールドメダルは、5つの万博でメダルを獲得したことを

表しています。

個人的な感想は、どっしりとした飲みごたえのバーボンです。

2022年12月 4日 (日)

フォアローゼス

20代半ばによく飲んでいて、しばらく飲んでいなかったバーボンを

久しぶりに飲みました。

221204roses

手頃な価格で飲みやすい「フォアローゼス」。

ラベルにある四つのバラには、あるロマンスのいわれがあるとか。

初めて飲んだバーボンは「アーリータイムズ」でしたが、最近あまり

見かけません。ネットで調べたら今も販売しているようですが、

輸入会社など諸事情があるのでしょうか?

2022年11月26日 (土)

ボージョレーヌーボー2022

今年も頂きました、「ボージョレーヌーボー」。

221126nouveau

今年頂いたのは、ハーフボトル。

昨今の世界情勢で今年のヌーボーは価格が高騰し、ハーフボトルが

例年のフルボトルと同じ価格のようです。

それでも毎年ヌーボーを下さる、ありがたい方です。

今年のヌーボーも評価は高く、美味しくいただきました。

2022年10月 5日 (水)

ヴェルディッキオ・ディ・カステッリ・ディ・イエージ・クラシコ

面白い形のボトルに入った、イタリアの白ワインを見つけました。

221005vino1

この変わった形のボトルは、古代ギリシャの壺アンフォラをかたどった

デザインだそうです。

221005vino2

軽口のフレッシュな白ワインのようなので、冷やして、魚料理や

冷しゃぶ等に合わせてみようと思います。

2022年8月28日 (日)

ボシオ・スプマンテロゼ

面白い形のボトルに入ったロゼのスプマンテを見つけました。

220828bosio

ボトルの表面のツブツブが、まるでイチゴのようです。

なんとなく、フルーティーなスプマンテ・ロゼの予感がします。

2022年8月24日 (水)

ボルドー・シグナチュール

ワインの、ボルドー・シグナチュールを購入。

220824signatures

中重口の、メルロー、カベルネ・ソーヴィ二ヨンの赤ワインで、

2016年物です。

シグナチュールなので、手頃で楽しめるワインです。

2022年2月26日 (土)

ブルゴーニュ Louis Josse のシャルドネ

カタログギフトで選んだワインが届きました。

220226bourgogne

ブルゴーニュのLouis Josse社の白ワイン、シャルドネです。

届いてすぐ開けることができる、ソムリエナイフ付きです。

この簡易なソムリエナイフ、たまにテーブルワインの栓が

プラスチック製のときには、気軽に使えて便利です。

ブルゴーニュの白は、柔らかい酔い心地なので好きです。

2022年1月31日 (月)

CHATEAU HAUT LIGNAC (シャトー・オ・リニャック)

こちらもデパ地下の特設ワインコーナーで見つけたボルドーワイン。

220131lignac

ラベル下部の3個のメダルは、シンガポール・コンペティション2019、

シャンハイ・コンペティション2019、ジャパンアワード2019の、

金賞受賞メダルだそうです。

アジアでもワインコンテストがあるとは、初めて知りました。

フルボディの辛口赤ワインで、アルコール度数は13%。

2018年なので、もう数年寝かせたほうがいいのでしょうか?

Powered by Six Apart