文化・芸術 Feed

2021年10月17日 (日)

「鞆鍛冶」

ただいま鞆の「福山市鞆の浦歴史民俗資料館」で開催中の、

特別展「鞆鍛冶」。

211017tomokaji

潮待ちの港「鞆鍛冶」の起こりや、鞆鍛冶の刀剣、鞆鍛冶の伝統などが

展示されています。

会期は11月28日まで。

2021年10月13日 (水)

ルネ・ラリック

ふくやま美術館で開催中の、「ルネ・ラリック」を観てきました。

211013lalique1

ふくやま美術館で「ラリック」を観るのは、2回目です。

展示会場入り口には、撮影可能で個人的なSNSへの投稿可能の

パネルがあり、展示品の撮影許可がありました。

211013lalique2

花瓶などの展示物も多数ありましたが、個人的に面白いと思ったのが、

こちらの封筒に蝋で封印する、封蝋スタンプ。現在では金属製が

一般的ですが、ガラス製だと優雅な感じがします。

211013lalique3

そして、こちらは灰皿。美しいバカラの灰皿よりも優雅さが

増します。

211013lalique4

何種類か展示されていた、昔の車に使用されていたラジエーターキャップの

中で、今回特に気に入ったのがこちら。女神や動物などのキャップの中で、

ひと際輝いていました。

会期は11月21日まで

2021年10月11日 (月)

手話で楽しむ能狂言鑑賞会

聞こえる人も、聞こえない人も楽しめる、手話で楽しめる「能狂言鑑賞会」が

福山で開かれます。

211011oosima

会場は、福山市光南町の「喜多流大島能楽堂」にて、

2021年11月6日に開催されます。

台詞を手話で表情豊かに表現し、声のセリフを合わせることにより、

聞こえる人も聞こえない人も楽しむことができるそうです。

2021年10月 3日 (日)

画家とパレット 近代の巨匠たち展

9月11日より尾道市立美術館で開催中の、

「画家とパレット 近代の巨匠たち展」。

211003yutoriro

今回の目玉は、世界に2つしか存在しないユトリロの「パレット」。

画家一人ひとりの持つ感性によって決定づけられる色彩の妙、

「パレット」は、その奥のまさに画家の個性の根源を覗き見させてくれます。

今回はピカソ、梅原龍三郎ほか、近代の巨匠たちのパレットと作品を展示し、

その制作の秘密に迫るそうです。

会期は、11月14日まで。

2021年9月11日 (土)

ルネ・ラリック

ただいま「ふくやま美術館」は、コロナ緊急事態宣言のため、

9月12日まで休館中ですが、それが明けるであろう

9月18日から、「ルネ・ラリック」展が開催されます。

210911lalique

長野県諏訪市の北澤美術館からの、アール・デコ期を代表する

ラリックの作品、約100点が展示されます。

テーブル・セッティングや文鎮、クラシックカーのボンネットを飾った

マスコット等、華やかな作品を観るのが楽しみです。

会期は11月21日まで。

PS.コロナ緊急事態宣言延長のため、9月30日まで休館延長となり

残念。会期は11月まであるので、宣言が明けたら行こうと思います。

2021年6月24日 (木)

美しい数学

友人が送ってくれた資料に、面白いものが。

210624excel

この4つのものは、全てエクセル関数で作られた線や図形です。

関数の数値を変えるたびに、様々な図形に変化するそうです。

さらに読んでいくと、建築家ガウディの建築によく使われているのが、

自然から学んだ、二次方程式で表す放物線に似た「カテナリー曲線」と

呼ばれるもの。

これは、ロープなどの両端を固定し、垂らしたときにできる曲線を

さすそうです。この曲線を上下逆にしてアーチ状にすると、

構造的・力学的に極めて安定します。

そして日本にも近年、「カテナリー曲線」になっていると専門家に

指摘された建造物があります。それは岩国の錦帯橋。

ガウディの建築群よりも200年以上前に掛けられたことに、びっくりです。

2021年5月 9日 (日)

「はしもとみお どうぶつ彫刻展」ー3

会場を進んでいくと、展示のテーマのようにテントを張り、

動物たちがキャンプ場に集まっているスペースがあります。

210509mio6

クマなどの大型の動物やヒツジ

210509mio7

猫とミーアキャットの音楽隊

210509mio8

その近くには、寝転ぶ白猫のアビと、ウサギのペティ

210509mio9

さらに進むと、ランタンに照らされた夜のキャンプ場の

キジトラ猫(チグリス)もいます。

210509mio10

出口横には看板と月君がいて、月君の横には椅子があるので、

そこに座って記念写真を撮れるようです。

会期は6月6日までなので、まだしばらく鑑賞できます。

2021年5月 7日 (金)

「はしもとみお どうぶつ彫刻展」ー2

GW中に「ふくやま美術館」で開催中の、「はしもとみお どうぶつ彫刻展」に

行ってきました。

210507mio1

今回は、「美術館でアートキャンプ!」をテーマにしていて、

キャンプ場に動物たちが集まっているような展示になっています。

入り口を入ると左手に

210507mio2

作家の「はしもと みお」さんのアトリエ写真と、メッセージ。

210507mio3

その向かい、入り口右手では「みお」さんの愛犬・月(つき)君の

彫刻が出迎えてくれます。

また、今回は作家の許可があり、展示物の撮影ができます。

210507mio4

さらに会場を進んでいくと、真ん中の二匹は月君の子犬時代かな?

210507mio5

もちろん犬や猫だけでなく、他の動物や海の生物の彫刻もあります。

彫刻に取り掛かる前には、このように絵をかいてどう彫っていくか、

構想を練るようです。

・・・続く

2021年4月29日 (木)

「はしもとみお どうぶつ彫刻展」

ふくやま美術館で開催中の「どうぶつ彫刻展」。

210429animal

身の回りの動物たちをモチーフに、木彫作品を制作する彫刻家、

「はしもと みお」さんの彫刻展です。

本展では、彼女がこれまでに手掛けた動物たちが、

キャンプ場に見立てた展示室に大集合しているそうです。

GW中に観に行こうかと思います。

なお、会期は6月6日まで。

2021年1月 7日 (木)

「クールベと海」2

ふくやま美術館で「クールベと海」を観てきました。

210107coulbet1

鑑賞順路がいつもとは逆に設定してあり、

会場内には、クールベの他にモネやターナーの絵もありました。

船の模型もあり、ゆっくり鑑賞できました。

210107coulbet2

Powered by Six Apart