2020年2月22日 (土)

猫君

畠中恵の新刊です。

200222nekogimi

江戸の時代、猫が20年生きると猫又になると言われておりました。

そして、新米猫又たちは江戸城内にある猫宿で、一人前の猫又になるよう

学ぶ決まりでありました。

ある年、その新米猫又たちに忍び寄る影が。

それは、その年の新米猫又たちの中に猫又の王である猫君がいるのでは、

と考える者たちの仕業でした。

果たして猫君は居るのか・・・・・?

2020年2月18日 (火)

たじり杏まつり

鞆に遊びに行った際に立ち寄った店で、もらったパンフレット。

200216tajiri

福山市街から鞆へ行く途中の田尻で、3月22日に「杏まつり」が

開催されるそうです。(雨天決行)

当日は田尻漁港桟橋から「杏船」が運航され(片道大人100円)、

海から山側の「杏の里」を眺められます。

写真や俳句のコンテストもあるそうです。

お店の人の話では、年々参加者も増加中とのこと。

2020年2月16日 (日)

因幡の白うさぎ 結 ショコラ

一昨日、バレンタインチョコでいただきました。

200216inaba

赤いパッケージの中は、縁結びの象徴、白うさぎをモチーフにしたショコラです。

ストロベリー、ラズベリー、クランベリーが淡いピンク色に染まったウサギ型の

クランチチョコに包まれています。

ワニをだましたので皮をはがれ泣いていたのが、「因幡の白うさぎ」だと

思っていたら、「大国主命と八上姫の縁を結ぶ役目を果たしたと言われている」、と

パンフレットにありました。

新しい発見!!「日本最古のラブストーリー」とも書いてあります。

さらにパンフレットには、製造者鳥取県米子市のお菓子屋さん、

製造所は北海道千歳市とあります。

えっ、これって因幡の道産子ウサギ??

2020年2月14日 (金)

夢の回顧録(高田賢三自伝)

世界的ファッションデザイナー、高田賢三の自伝です。

賢三氏が学んだ文化服装学院では、のちに「花の九期生」と呼ばれる、

ニコルの松田光弘氏、ピンクハウスの金子功氏、

コシノジュンコといった、そうそうたるメンバーが同期生でした。

200214kenzo

「ケンゾー」ブランドのモエヘネシー・ルイヴィトンによる買収劇や、

「ケンゾー」からの引退の舞台裏についても明かされていて、

興味深く読みました。

また81歳になる今年、ライフスタイルブランド「K3」をパリの

サンジェルマン通りに立ち上げ、まだまだ健在です。

2020年2月12日 (水)

ショコラ・ショコラ

明後日14日はバレンタインデー、今年もデパートの催事場には

特設コーナーが設けられています。

200212chocolat

会場にはジャン=ポール・エヴァン、ピエール・エルメ、

ピエール・マルコリーニなど有名ショコラティエが軒を連ねています。

ただ、近年バレンタイン市場は縮小気味とも聞きます。

そういえば、うちでは猫ベロチョコと言っている「デメル」は

見かけたけど、フィアットが見当たらないような。

2020年2月10日 (月)

ヴィア・ディアゴナリス

店のポップにある国旗を見て、はて?この国旗はどこだっけ?

ブルガリアのワインです。

200210vua

寒い国のワインらしく、アルコール度数は14.5%と少し高め。

ビーフシチューにオススメとあるので、しっかりとコクのある

ワインのようです。

2020年2月 8日 (土)

TORRE ORIA 

デパ地下のワインコーナーでカヴァ(スペインのスパークリングワイン)を

見つけました。

200208torre

飲んでみたら、やはり美味しく、当たりでした。

スペイン・バレンシア地方の歴史あるワイナリーのカヴァのようです。

2020年2月 6日 (木)

絹谷幸二の世界2

ふくやま美術館で「絹谷幸二の世界」を観てきました。

200206kinutani1

帰りにミュージアムショップでカードを購入しました。

200206kinutani2

ポストカードは富士山の絵ではなく、「春風・ボッチチェリ・

ヴィーナス誕生へのオマージュ」にしました。

200206kinutani3

京都をテーマにした龍の絵が印象に残りました。

大きな龍の絵は迫力があり、見応えがありました。

大阪梅田には、「絹谷幸二 天空美術館」があるそうで、

もっと色々な絵が見れるようです。

2020年2月 4日 (火)

モスクワの伯爵

題材の面白さに惹かれ、分厚い本ながら挫けずに読破しました。

200204rostof

ロシア革命の後、皇帝は処刑され、当然貴族である主人公・ロストフ伯爵にも

刑が下ります。それは銃殺刑ではなく、現在住んでいるモスクワの高級ホテルに

一生軟禁というものでした。

住む部屋はスイートから屋根裏部屋へと変わります。

その境遇にも伯爵は、知識豊富な教養人でありつつ、めげない、あきらめない、

ふさぎこまない、人生を投げない紳士であり続けます。

ロシア革命から第二次大戦を経て、結末の1954年まで伯爵がどう生きていくか?

大河ドラマのような壮大な物語です。

2020年2月 2日 (日)

ぶらり尾道街歩き131

新しい尾道ラーメンの店です。

200202santubo

場所は、尾道郵便局本局近くの尾道渡船渡し場通り沿い。

3坪商店の名前通り、小さな店です。

気になるので、機会があれば行ってみようと思います。

Powered by Six Apart