« 2020年10月 | メイン | 2020年12月 »

2020年11月

2020年11月29日 (日)

白ばら・ローズサブレ

福山・白ばらのローズサブレをいただきました。

201129sirobara

”幻のバター”と称される「カルピスバター」を使用した、

白ばらの焼き菓子NO.1商品だそうです。

サクサク感が香ばしいサブレでした。

2020年11月27日 (金)

街猫68

不敵な面構えの強そうなサビ猫と尾道で遭遇。

201127neko3

堂々とこちらへ歩いてきます。

201127neko4

だけど、こんな猫に限って通り過ぎる時に、可愛い声で小さく

「にゃ」と挨拶してくれるものだから、やられてしまいます。

参ったなあ!!

2020年11月25日 (水)

街猫67

尾道本通りにある路地を探索中に気配を感じ、上を見上げると、

201125neko1

二階の手すりに猫。不敵な面構えでこちらを見下ろしています。

201125neko2

帰り道にも、まだ藪睨み。

2020年11月23日 (月)

福山ぶらり街歩き30

福山駅サンステ向かいの伏見町に、新しいパン屋さんができました。

201123asahi2

「あさひベーカリー」というショップで、アサヒタクシーの

飲食部門第二弾だそうです。

店構えは和の雰囲気で、ウインドーにかかる垂れ幕には、

創業令和二年九月二十八日とあり、新しい店なのに

それだけ見るとなんだか老舗感があるのが不思議!

2020年11月21日 (土)

東京ばな奈・ブリュレタルト

8月から販売されている、東京ばな奈・ブリュレタルトを

いただきました。

201121tokyo

パッケージの写真のように、バナナ型チョコタルトに

バナナカスタード風味のクリームと、ほろ苦いカラメルソースが

入っています。

パリッと、トロッとした食感だそうです。

2020年11月19日 (木)

皇居外苑きんつば

珍しい東京土産です。

皇居外苑というのは、一般財団法人国民公園協会の下部団体で、

皇居参観の際に食事ができるレストハウス運営や、記念のお土産を

販売しているようです。

201119koukyo

最近、きんつばを食べたいな、と思っていたところに、

グッドタイミングなお土産でした。

皇居外苑きんつば4個入りです。

皇居参観記念のお土産として、お菓子、酒、焼酎、時計、

醤油、味噌はじめ、たくさんの商品が用意されています。

2020年11月17日 (火)

いぶりがっこ

東北旅行のお土産をいただきました。

秋田名物「いぶりがっこ」です。

201117iburi

この「いぶりがっこ」は、ナラ、桜、ケヤキなどの広葉樹で燻し、

米ぬかと塩で漬け込んだものです。

酒のお供、お茶漬けはもちろん、チーズともよく合うので

ワインのおつまみにもなるそうです。

2020年11月15日 (日)

サンタ・マリア・ノヴェッラ「エバ」

先日買ったサンタ・マリア・ノヴェッラが良かったので、

もう一本新たな香りを加えました。

201115eva

今回は「エバ」というボトルです。

このフレグランスは、2002年のピッティ・ウオーモ(イタリアの

フィレンツェで年2回開かれるメンズファッション市)で発表されました。

香りは、カラブリア・ベルガモットとシチリアレモンの、きりっとした

すがすがしさがアクセントのウッディ・シトラス。

今回の渋い香りと、前回の爽やかな柑橘の香り、使い分けが

楽しみです。

なお、「エバ」という女性の名を持つこのボトルは、男性も女性も

ユニセックスに身に付けられるフレグランスだそうです。

2020年11月13日 (金)

りんご乙女

Go To トラベルで旅行した方から、りんごのお菓子をいただきました。

201113ringo1

長野県のお菓子、「りんご乙女」です。

201113ringo2

パッケージの裏側に、お菓子の製造過程が載っています。

リンゴをすりおろした生地の上にスライスしたリンゴを載せ、

焼き上げたリンゴせんべいです。

2020年11月11日 (水)

造形作家・西岡良和の猫

先日、尾道郵便局本局横のショップ、チョコ・トコに行きました。

201111choco1

店内には洋服、バッグ、可愛いアクセサリーなどがあります。

201111choco2

店先のウインドウで目を引くのが、この陶器の猫たち。

千光寺の尾道市立美術館にも置いてある、猫達の生みの親

造形作家・西岡良和の作品です。

店先だけでなく、店内でもたくさんの猫達が出迎えてくれます。

201111haku1

そんな猫たちの中から、今回家内が選んだのがこの子。

家に帰ってから色々名前を考え、家内は「伯(はく)」と

名付けました。

201111haku2

後ろには、作家のサインが入っています。