旅行・おでかけ Feed

2019年9月24日 (火)

出雲で散歩32

この日の出雲での昼食は、神門通り出雲商工会前の「出雲そば・めぐみ」にて。

190924megumi2

これがこの店の一押し、「二段割子セット」。

二段割子そばに、この店の人気サイドメニューの鶏のから揚げと、

炊き込みご飯が付いたお得なセットです。

唐揚げも、炊き込みご飯も美味しくいただきました。

190924megumi

民家をリフォームした店のようで、靴を脱いで座敷のテーブル席に座ります。

床の間には、二胡が置いてあり、二胡のBGMが流れていました。

2019年9月22日 (日)

出雲で散歩31

出雲大社の神門通りの中にある、一畑電鉄出雲大社前駅近くで発見。

190922ecar

1人乗りのレンタル電気自動車です。

看板には1台2時間、レンタル料金2.500円から。

写真を撮った後、しばらくして通りかかったら、1台も止まっていなかったので、

全てレンタルされたのでしょうか?

多くの観光客で賑わう神門通りを走って大丈夫かな?

2019年9月20日 (金)

出雲で散歩30

出雲大社にドライブに出かける時、まず訪れるのが「龍頭が滝」。

駐車場から滝への道を歩いて行くと、橋を渡った先に雄滝へ上る木製の階段が

見えてきます。

190920ryu1

よく整備された木製の階段、階段全部はこの見える範囲の倍近くあります。

頑張って上り、滝に着くと

190920ryu2

早朝の朝日が差し込む時間であれば、滝に虹がかかります。

この日は、虹の上にもう一つ、うっすらと虹がかかっていました。

良いことありそう。

2019年5月23日 (木)

出雲で散歩29

出雲からの帰り道、184号線沿いの奇岩柱石で有名な景勝地、

立久恵渓(たちくえきょう)に寄り道。

190521tachiku2

川沿いに一周約一時間の遊歩道があり、その山側にはこのような奇岩や、

お寺、五百羅漢などがあります。

190521tachiku1

また、遊歩道に続くこのつり橋を渡った広い草地は、キャンプ場になっていて、

この日も多くのキャンパーで賑わっていました。

2019年5月21日 (火)

出雲で散歩28

老舗出雲そば屋さんの「荒木屋」や「かねや」の通りより

一本出雲大社寄りの小道を散歩中に、レトロな建物を発見。

190519gohan

二階の窓に服が見えたので、セレクトショップかと思い前まで行くと、

1階はカフェ、2階がアウトドア商品のショップのようです。

調べたら、この建物は100年以上前のビルをリノベしたそうです。

当時は、すごくモダンな建物だったのでしょうね。

2019年5月17日 (金)

出雲で散歩27

出雲大社横の、北島国造館の「亀の尾の滝」も5月の新緑がきれいです。

190517kame1

滝の水量も充分あるため、池の水はいつもより澄んでいました。

190517kame2

亀たちも、気持ち良さそうに甲羅干しをしていました。

2019年5月11日 (土)

出雲で散歩26

「龍頭が滝」経由の、いつものコースで出雲大社入りです。

190511izumo1

ところが、この日、出雲大社周辺は大渋滞。一の鳥居から神門通りに入り、

何とか第二駐車場に辿り着くまでに、30分以上を要しました。

令和になって最初のGWと10連休が重なり、この大混雑となったようです。

190511izumo2

その代わり、大社に入り本殿に行く途中では、いつもは見れない

神楽の奉納に出会うことができました。

神楽の舞が終わったら、演者が集まり何をするのかと思いきや、

舞台からお餅まきが始まったので、すかさず参加。

190511izumo3

縁起の良いお餅をゲットできました。

2019年5月 9日 (木)

出雲で散歩25

暖かくなってきた、先日のGWに中国山地を越え、出雲へ行って来ました。

まず出雲に入る前に、朝方の「龍頭が滝」。

190509ryu3

滝に着くと、今までの駐車場の下に新たな駐車場が、増設されています。

190509ryu2

今までの駐車場には、以前はなかったトイレもできています。

190509ryu1

この日の滝は水量も豊富で、朝日に映えていました。

2019年5月 3日 (金)

道の駅みはら神明の里

auraからの帰り道、三原バイパスにある、眺望が評判の「道の駅みはら神明の里」に

初めて寄ってみました。

190503sinmei1

高台にあるので、因島が見えたり、

190503sinmei2

糸崎の街並みや、

190503sinmei3

三原市街の向こうの須波まで見渡せます。

眺望だけでなく、土産物屋さんの他に、パン屋さん、食堂、

三原のタコを使ったタコ焼き屋さんなど、食事も充実しています。

2019年2月14日 (木)

出雲で散歩24

風車の光景を後にしてしばらく海岸沿いを走り、また山に入っていくと、

13~16世紀に最盛期を迎えた「鰐淵寺」に着きます。

駐車場に車を止め、800mくらい緩い坂を上ると入口の山門。

そこから本殿へ向かう道には、この看板が。

190214gakuenji1

この人、なんと!!武蔵坊弁慶です。弁慶は松江に生まれ、

18歳でこちらの寺に入り、3年間修業をしたのち比叡山に上り、

京の五条大橋で牛若丸に会います。

さらに進んで行くと

190214gakuenji2

本殿へ上る最初の石段、結構段数があります。

ここを登りきると

190214gakuenji3

またまた、本殿への石段です。

この、本殿根本堂の現在の建物は、18世紀の建立だそうです。

本殿へのお参りを済ませて石段を下りると、

滝の看板があったので、この際そちらの滝へも。

190214gakuenji4

険しい道を辿り、滝から帰ってくる観光客に残りの道のりを聞いて、

自分を励ましながら、やっとたどり着いたのが岩場に建つ「蔵王堂(ざおうどう)」。

鰐淵寺はかって修験者の集う場所でもあり、その名は全国に知れ渡っていました。

その信仰の中心が、「浮浪滝8ふろうだき)」です。

滝の裏側に洞穴があり、そこに建つのが蔵王堂です。

この日は水が少なく滝は見えませんでしたが、

パンフレットを見ると、普段はこんな感じです。

190214gakuennji5

Powered by Six Apart