« 2019年4月 | メイン | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月11日 (土)

出雲で散歩26

「龍頭が滝」経由の、いつものコースで出雲大社入りです。

190511izumo1

ところが、この日、出雲大社周辺は大渋滞。一の鳥居から神門通りに入り、

何とか第二駐車場に辿り着くまでに、30分以上を要しました。

令和になって最初のGWと10連休が重なり、この大混雑となったようです。

190511izumo2

その代わり、大社に入り本殿に行く途中では、いつもは見れない

神楽の奉納に出会うことができました。

神楽の舞が終わったら、演者が集まり何をするのかと思いきや、

舞台からお餅まきが始まったので、すかさず参加。

190511izumo3

縁起の良いお餅をゲットできました。

2019年5月 9日 (木)

出雲で散歩25

暖かくなってきた、先日のGWに中国山地を越え、出雲へ行って来ました。

まず出雲に入る前に、朝方の「龍頭が滝」。

190509ryu3

滝に着くと、今までの駐車場の下に新たな駐車場が、増設されています。

190509ryu2

今までの駐車場には、以前はなかったトイレもできています。

190509ryu1

この日の滝は水量も豊富で、朝日に映えていました。

2019年5月 7日 (火)

あべ弘士の絵本と美術

ただいま、ふくやま美術館で開催中の「あべ弘士の絵本と美術」に

行って来ました。

190507abe1

北海道の旭川市にある、旭山動物園の飼育係から絵本作家になって

30年の「あべ弘士」さんの作品展覧会です。

会場には、たくさんの出版社から出版された絵本の原画が、

展示してあります。

190507abe2

会場入り口の横には記念撮影コーナーも設けてあり、

記念撮影をする親子も見受けられました。

作品の中では、絵のタッチやお話の筋で「あらしのよるに」が

個人的に良かったです。

会期は、6月9日まで。

2019年5月 5日 (日)

街猫41

リサ・ラーソン展を開催中の尾道市立美術館入り口には、

こんな猫もいます。

190505neko1

これは、テラコッタ(陶器)の猫。

190505neko2

作者は、この作家。

190505neko3

何匹もの猫が展示されていて、こんな微笑ましい猫もいます。

リサ・ラーソン展は明日が最終日です。

それと、先日ネットで尾道美術館の警備員と美術館に侵入を試みる

近所の猫との攻防の記事がありました。侵入を試みる猫は

2匹いて、特定の警備員さんの時だけ試みるそうです。

遊んでもらっている感覚なのでしょうかね。

2019年5月 3日 (金)

道の駅みはら神明の里

auraからの帰り道、三原バイパスにある、眺望が評判の「道の駅みはら神明の里」に

初めて寄ってみました。

190503sinmei1

高台にあるので、因島が見えたり、

190503sinmei2

糸崎の街並みや、

190503sinmei3

三原市街の向こうの須波まで見渡せます。

眺望だけでなく、土産物屋さんの他に、パン屋さん、食堂、

三原のタコを使ったタコ焼き屋さんなど、食事も充実しています。

2019年5月 1日 (水)

aura(アウラ)

三原に良いビストロがあると聞き、行って来ました。

190501aura1

場所は、三原のリージョンプラザ裏手で、店の名はaura(アウラ)。

協会のような落ち着いた外見で、元は画廊だったそうです。

開店直後に入り、メニューを検討した結果、私は「長州鶏のバスク風煮込み」、

家内は「フォアグラと生ハムのサンドイッチ」にしました。

190501aura2

まず、私のサラダ、野菜と手前はカレー風味の豆の煮込み。

190501aura4

そして、これが「長州鶏のバスク風煮込み」。

良く煮込んであるので鶏肉の身離れもよく、ソースに絡みます。

190501aura3

家内の人参スープ、しっかり濃厚な味です。

190501aura5

「フォアグラと生ハムのサンドイッチ」は、サラダを添えたオープンサンドです。

190501aura6

デザートはガトーショコラ、しっかりとショコラが入っています。

店内は天井が高く、落ち着く空間です。